外観をグレードアップ!気になる費用とポイントを知る!

一戸建ての外観デザイン変更にかかる費用は?

フルリノベーションする場合

フルリノベーションのメリット・デメリット

一気に住宅の雰囲気を変更したいだけでは無く、機能的にも向上させたい。この場合はフルリノベーションに分があります。フルリノベーションは住宅を支える柱や骨格部以外を全てのぞいて新しくする手法です。

当然工事の規模は大きく多額の費用も発生しますが、外観のみではカバー出来ない設備の充実さに特化させる事も出来ます。またフルリノベーションはある程度の間取り変更も出来るので、水周りや内装の変更も可能です。ライフステージの変化によってこれまでの間取りや設備に不満があればフルリノベーションが良いでしょう。

設備向上の役割をもっているので、耐震・耐火機能をプラス出来るのもフルリノベーションのメリットで、住宅の価値を上げる事も出来ます。

気になる費用とポイントは?

柔軟な施工が期待出来るフルリノベーションですが、デザインを統一出来るのが大きな魅力です。部分施工よりも統一感が出やすく、且つデザインにこだわりたい方にもぴったりです。

しかし部分施工に比べると大規模になるので、費用相場が400~2000万円とかなり差が出ます。こだわればこだわる程、費用が加算されるので担当者と打ち合わせの際は予算の範囲内で納める様にして下さい。

ちなみにフルリノベーションをする際、部分施工の様に控えめに施工依頼するのではなく、複数の箇所を同時に施工するのが安くなるポイントです。理由は施工前に組む足場です。1度の施工につき足場を組んでいくので、まとめて施工依頼をすれば足場の回数が減り結果的にお得になりやすいです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る